· 

発音を間違えると・・・

発音を正確にしないと違った意味に・・・

 

韓国語は母音、子音、パッチン(받침)で構成されています。このパッチンは日本で生まれ育った私たちにはとても厄介。正確に発音しないと同じ音でも全く異なった意味になってしまいます。

 

お昼に出ました。 점심 나갔어요. チョンシン ナガッソヨ

27年前、韓国に拠点を作るための調査で韓国に長期滞在した時の失敗談。

取引先の計らいによりその企業の釜山にあるオフィスを間借りして営業の傍ら、環境も含め韓国オフィスを構えるにふさわしい物件を調査してました。そのオフィスは製造業である取引先の経理専門の事務所として工場の外にありました。スタッフは室長を筆頭に女性3名、そのオフィスに机を1つ置かしてもらい営業活動をしてました。ある日、事務所に行くと室長が一人で居てスタッフ2名は銀行へ出かけたとのこと。室長も外出を予定しており時間間の関係でお昼時間の間に少し早いランチに出かけました。外出していた2人がお昼時間に戻り、室長は?と尋ね「お昼に出かけた(チョンシン ナガッソヨ)」と伝えたところ二人は大笑い。キョトンとしている私に、「言いたいことはわかりますが、発音が間違ってます」と言いまた大笑い。理由を聞いて納得。「チョンシン ナガッソヨ」、韓国語で表記するとは「점심 나갔어요」となるのだが、私の発音は「정신 나갔어요」となっていた。점심받침音、と、発音していたのです。「정신 나갔어요」直訳すると「精神が出ました」即ち「気が狂った」となります。「室長はどこに行った?」の問いに対し私は「室長は気が狂いましたと」答えていたのです。

 

점심 나갔어요ました

정신 나갔어요直訳すると、精神ました。意味は、気が狂いました。

 

韓国語は発音がとても重要です。日本語の発音には口を噤んだり舌を軽くかんだりして発音することがないので、音だけを真似て日本語のように発音すると全く違った意味になってしまうことがあります。発音をしっかり覚えて会話しましょう。

 

ボヌールリモート韓国語教室では対面レッスン並びにZoomを使用したオンラインでのリモート韓国語レッスンをしております。講師は全員韓国在住のネイティブコリアンで日本語が堪能、親切・丁寧に楽しくレッスン致しますので、上級者はもちろん、初級者、韓国語が全く分からない方でも安心して韓国語を学べます。

カフェレッスンは千葉駅周辺を基本とし千葉市周辺(市川、船橋、市原等)、横浜駅周辺、川崎駅周辺のご指定場所(カフェ以外もOK)へ講師がお伺いしレッスン致します。

 

Zoomでのオンライン及び対面での韓国語レッスンをご検討されている方はいつでもお気軽にご連絡下さい。無料体験レッスンも実施してますので、先ずは無料でご体験下さい。

ボヌールリモート韓国語教室のサイトはこちらから

 

連絡先:info@bandiera.co.jp