· 

日本語と同じ意味の韓国語を使って大失敗(T_T)ニュアンスの違いから大ごとに・・・

日本語と韓国語、同じ意味の単語でもニュアンスの違いから使い方を間違えると大変なことになりかねません。

【エピソード1】レストランの注文での失敗

15年ほど前、韓国に滞在し仕事をしていた時のことですが、滞在期間が長くなると取引先との会食の機会が多くなります。この取引先とも長いお付き合いで、担当者とは同じ歳ということもあり気心しれた中でした。当然、昼食、夕食を共にすることが多く、地元で美味しいとされるところはほぼ行きリピート訪問も増えました。最初の頃は注文の際、「何々ありますか?」「何々出来ますか?」と店員とのコミュニケーションを楽しんでいましたが、たまに店員が怪訝な表情を浮かべるときがありました。私の拙い韓国語の発音のせいだと思ってました、ある日、この担当者(既に友達)といつものように昼食に出かけ、昼食場所の焼肉店に着いたらテーブルがセットされていました。韓国では特に地方工業都市ではお昼時は一斉に味の良いお店に人が集中するため、昼食でも予約するのが一般的。テーブルに着くと料理が運ばれてきます。料理を運んできてくれるアジュマ(店員さん)にカルビウゴジ(カルビと大根の葉が入った辛いスープ)が有るのか尋ねると、お昼は出してないとの事。そのやり取りを終えるといつもに増してアジュマの機嫌が悪く話を終えるとぶつぶつ言いながら厨房へと消えていきました。何を言っていたのかは聞き取れませんでしたが、その時、一緒にいた担当者が、「ずっと前から言おうとしてたが、韓国では“それ”を言うと人が気分を害することがある」と言うのです。私には人の気分を害するような言葉を発した認識は全くなく「何が?」と聞くと「그럼 됐어요」という単語、“それ”とは「됐어요」でした。「됐어요、日本語で直訳すると“出来た”や“遠慮します”、拒否での意味で“結構です”等になりますが、私は自分のリクエストに対して「出来ない」とか「無い」という回答の時に日本語の意味での「出来ないならいいです」「無いならいいです」と自分のリクエストを回収する意味で軽く使ってました。しかし、何と「됐어요」を聞いた側は「もういい!」のような不満を含んだ拒否の言葉と受け取るというじゃありませんか!?2年近くも一緒に食事をし、何度となく私の됐어요」を聞いてハラハラしていた友達、もっと早く言ってよ(TT)

早速アジュマを呼び日本で生まれ育ち、日本で韓国語を習ったのでニュアンスの違いが分からず他意があるのではなく、只々韓国語の使い方をよく知らないせいだと説明し謝罪(大げさな謝罪ではありませんが)、アジュマの機嫌も直り美味しく肉を焼いてくれました。以後、レストランで됐어요」は使ってません。

日本語と同じ意味だからと言って使うとニュアンスの違い(勿論、その場の状況も関係するが)から大きな失敗につながることを学んだ昼食でした。

 

ボヌールリモート韓国語教室では対面レッスン並びにZoomを使用したオンラインでのリモート韓国語レッスンをしております。講師は全員韓国在住のネイティブコリアンで日本語が堪能、親切・丁寧に楽しくレッスン致しますので、上級者はもちろん、初級者、韓国語が全く分からない方でも安心して韓国語を学べます。

対面レッスンは千葉駅周辺を基本とし千葉市周辺(市川、船橋、市原等)のご指定場所(カフェ等)へ講師がお伺いしレッスン致します。

 

Zoomでのオンライン及び対面での韓国語レッスンをご検討されている方はいつでもお気軽にご連絡下さい。無料体験レッスンも実施してますので、先ずは無料でご体験下さい。

ボヌールリモート韓国語教室のサイトはこちらから

連絡先:info@bandiera.co.jp